2ストロークV型4気筒、GPマシーンYZR500Rのロードゴーイングレプリカ
     
腰上オーバーホールについて
 シリンダーヘッドやシリンダーの歪、摩耗を点検・測定し、最適なピストンクリアランス調整及びピストンリング等の交換はもちろん、YPVS廻りの作動やシールの点検などを致します。ご希望によってオーバーサイズピストンもご用意しております。RZVのエンジンパーツは年々供給が悪くなっておりますが、メーカー欠品となりましたパーツも多数在庫しておりますので完調なRZVをお届け致します。
 


     
   軽い抱きつき程度なら腰上オーバーホールだけでも有効ですが、左の画像のような状態になるとクランクまでのオーバーホールを強くお勧めいたします。また、「近年のRZV500R」にもあるように、長期放置・保管車にはシリンダーの錆付きが出ている車両が多く見受けられます。そのような車両はクランクシャフトにも錆付きが見られる場合が多く、腰上だけのオーバーホールでは意味のないものになります。過去にクランクシャフトまでオーバーホールを行い、定期的なメンテナンスを行っている車両に対しては非常に有効な作業です。当社では、この作業は特別なことではなく、通常メンテナンスとして1万キロごとのオーバーホールを強く推奨しております。高速道路やスポーツ走行などが多い方は特にですよ。  
 
   腰上オーバーホールは工賃¥70,000−(税別)から承っております。部品代金は別途ご請求いたします。ボーリングなどの追加加工が発生した場合にも別途工賃を請求させていただきます。  
 
  当社で提供させていただいているRZV500Rの基本作業  
 

近年のRZV500R
 

点検整備
 

フルパワー加工
 

腰上オーバーホール
 

フルオーバーホール
 
 
E-Mail
 
Copyright (C) 2006 MOTOPLAN Corporation. All Rights Reserved.